外壁塗装ならお任せください!

年間受付件数20万件以上
事前調査無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-330

フリーダイヤル0120-949-330

チェック

普段、生活をしていると家の中をじっくり見ることはあっても家の外、特に壁をじっくりと眺めることというのは少ないでしょう。しかし、外壁というのは劣化していることをしっかりアピールしているのです。そんなアピールをしっかりキャッチしてあげることで建物がひどく傷んでしまう前に外壁塗装を行うことができます。

まず、外壁を見てところどころにヒビが入っているという場合。これは紫外線や乾燥が原因となっていることがほとんどです。出来るだけ早く対応する必要があります。
外壁にうっすらと藻が生えてきているというケースは、その壁に太陽光があたっておらず湿度が高いという証拠です。北側の壁や湿気がこもりやすいような土地に建っている住宅に多く見られます。
窓の周りや目地などに亀裂が入ってしまっているという状態は、紫外線や長く修繕を行っていなかったということで症状が現れてきます。住宅を建てた時にあまり厚みが確保されていなかったという場合には5年程度で亀裂が入ってきてしまいます。

また、全体的にツヤがなくなってきていたり、色があせてきている、さわってみると白い粉がつくというような場合には塗替えが必要という証拠ですので、このタイミングを目安に考えておくと良いでしょう。

外壁塗装でお困りの方は、外壁塗装.jpへ!

スタッフ待機中!